お客様アンケート
只今アンケートは実施してません
・エリアをお選びください





・建物用途をお選びください





 Q&A

 消防設備点検
 防火対象物点検
 消防訓練サポート
 防災コンサルティング・防火管理サポート
 特殊建築物等定期調査
 建築設備定期検査
 住宅用火災警報器


特殊建築物等定期調査

法的根拠・罰則について

Q 特殊建築物等定期調査を実施していない場合、罰則はありますか?
A 罰則はあります。特殊建築物等定期調査の実施・報告をしなかったり、虚偽の報告を行った場合は、罰則 (100万円以下の罰金)があります。(建築基準法第12条第1項)

特殊建築物等定期調査について

Q 特殊建築物等定期調査とはどのようなものですか?
A 特殊建築物等定期調査は建築基準法で定められており、劇場・百貨店・ホテル・病院・物販店舗・事務所など、多くの人々が利用する建築物に対して、火災などが発生した場合、大きな災害にならないために建築物の維持管理を定期的に調査を行い、特定行政庁に報告する制度です。
いつまでも安全で快適な建築物にしておくための定期的な健康診断のようなものです。
この調査・報告には、有資格者への依頼が必要です。

Q 遠くでも特殊建築物等定期調査をしてもらえますか。
A 弊社のサービスエリアは、東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県です。※これらエリアにおきましても、一部対応できない市町村がございます。ご了承ください。

点検費用・見積について

Q 見積もりしてもらったら契約しないといけないのですか。
A 条件等が合わない場合は断っていただいて結構です。

Q その他、追加で費用が発生するものにはどのようなものがありますか?
A 特殊建築物等定期調査施後の、不良内容改修・改善費用は別途となります。改修・改善お見積もりは、無償にて作成いたします。


ページTOPへ