Q&A

 消防設備点検
 防火対象物点検
 消防訓練サポート
 防災コンサルティング・防火管理サポート
 特殊建築物等定期調査
 建築設備定期検査
 住宅用火災警報器


防火対象物点検

法的根拠・罰則について

Q 防火対象物点検を実施していない場合、罰則はありますか?
A 点検結果の報告をせず、又は虚偽の報告をした者は30万円以下の罰金又は拘留とあります。(消防法第44条第7号の3、45条第3号)

点検について

Q 消防署から、防火対象物点検を実施し、報告するようにと言われたのですが、内容がよくわかりません。どうすればよいですか?
A 防火対象物点検が必要な建物に入居されている場合は、管理権原者(テナント)ごとに点検を実施し、その結果を消防署に報告しなければなりません。通常、建物全体で実施する消防設備点検(消火器や自動火災報知設備、避難器具など)とは異なり、すこしわかりにくいかもしれません。弊社では点検制度の説明・点検内容・費用などについて、お電話でお答えいたします。また、訪問による説明をご希望の場合も、お気軽にお申し付けください。

Q 防火対象物点検の対象となっているビルにテナント入居しているのですが、1テナントだけでも点検してもらえますか。
A 1テナント様の点検から対応させていただきます。

Q 遠くでも点検してもらえますか。
A 弊社のサービスエリアは、東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県です。※これらエリアにおきましても、一部対応できない市町村がございます。ご了承ください。

点検費用・見積について

Q 見積もりしてもらったら契約しないといけないのですか。
A 条件等が合わない場合は断っていただいて結構です。

Q 自動見積もりの金額は最終価格ですか?
A 各種プラン適用により、更にお安くなる場合もございます。※ご入力いただいた内容に間違いや不足があった場合は、再度お見積りさせていただくことがございます。

Q その他、追加で費用が発生するものにはどのようなものがありますか?
A 防火対象物点検実施後の、不良内容改修・改善費用は別途となります。改修・改善お見積もりは、無償にて作成いたします。

プラン・割引について

Q 防火対象物点検にはどんなプランがあるのですか。
A 通常の、【防火対象物点検 すまいるプラン】以外にも、エリアや用途を限定した特別プランや期間限定のお得なプランなどがございます。

Q 携帯電話や車検のように割引プランはあるのですか。
A 消防設備点検とセットでご依頼いただいた場合、2物件以上の複数建物をまとめてご依頼いただけた場合には、特別お値引きがございます。(規模や建物数によりお値引き率は異なります。(5%〜20%)

その他

Q 保険はどうなっていますか。
A 弊社では、消防設備業総合保険に加入しております。消防設備点検 1億5千万円、消防設備工事 1億円、消防訓練 1億円までの保険に加入しておりますので、ご安心ください。


ページTOPへ