お客様アンケート
只今アンケートは実施してません
・エリアをお選びください





・建物用途をお選びください





 Q&A

 消防設備点検
 防火対象物点検
 消防訓練サポート
 防災コンサルティング・防火管理サポート
 特殊建築物等定期調査
 建築設備定期検査
 住宅用火災警報器


建築設備定期検査

法的根拠・罰則について

Q 建築設備定期検査を実施する根拠は?また、実施していない場合、罰則はありますか?
A 建築基準法12条2項に基づき、一定の用途・規模に設けられた建築設備の状態を毎年、検査し報告する義務があります。定期報告をしなかったり、虚偽の報告を行った場合は、罰則(百万円以下の罰金)の対象となります。

建築設備定期検査について

Q 建築設備定期検査はどのような内容になりますか?
A 換気設備、排煙設備、非常用照明、給排水設備の4項目について、建築設備検査資格者などの点検に必要な資格を持った有資格者が点検し、その結果を、(財)日本建築設備・昇降機センターに提出します。

Q どのような建物が対象になりますか?
A マンション、事務所、店舗、ホテル、劇場などの建物のうち、知事または区長、市長が指定する建物です。

Q 遠くでも消建築設備定期検査をしてもらえますか。
A 弊社のサービスエリアは、東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県です。※これらエリアにおきましても、一部対応できない市町村がございます。ご了承ください。

検査費用・見積について

Q 見積もりしてもらったら契約しないといけないのですか。
A 条件等が合わない場合は断っていただいて結構です。

Q その他、追加で費用が発生するものにはどのようなものがありますか?
A 建築設備定期検査実施後の、不良内容改修・改善費用は別途となります。改修・改善お見積もりは、無償にて作成いたします。

その他

Q
A


ページTOPへ