お客様アンケート
只今アンケートは実施してません
・エリアをお選びください





・建物用途をお選びください






 連結送水管・消防ホース耐圧試験

平成14年7月から、連結送水管及び消防ホースの耐圧性能試験が義務化!

マンションやビルなどに設置されている連結送水管や消防ホースは製造年より10年を経過すると
耐圧試験を実施しなければなりません。

 耐圧試験の実施時期


  • 連結送水管耐圧試験(配管)
      設置後、10年を経過したものに付き、3年毎に実施

  • 消防ホース耐圧試験
    (屋内消火栓設備、屋外消火栓設備、連結送水管、動力消防ポンプ等のホース)
      製造年より10年を経過したものに付き3年毎に実施
       (ただし、易操作性1号及び2号消火栓ホースは除く)
      ホースを新しく交換した場合は交換後、10年間は免除   

 連結送水管耐圧試験の流れ

建物の送水口付近に駐車
 
  • 外観確認
  • 配管ルートの確認
  • 方式(湿式、乾式)の確認
  • 高架(補給)水槽の確認
  • 各階放水口の確認
  • パッキン交換
  • 仕切り弁、排水弁の確認
耐圧試験車と建物の送水口を消防ホースで接続
耐圧試験車からの送水により圧力測定(規定時間圧力測定)
  • 連結送水管耐圧試験終了
  • 耐圧性能点検済証を表示
  • 設備を復旧して完了
  • 後日、「連結送水管配管耐圧試験結果書」を発行


消防設備点検の内容や費用のことなどをもっと詳しく。 まずはお気軽にお問い合わせください。
お電話でのお問い合わせ・資料請求
webでのお問い合わせ・資料請求
03-6423-6157 資料請求ページへ

【受付】 平日9:00〜17:00

24時間受付


ページTOPへ